会長コラム ~Trivia Tweet~

営農計画を立てる季節です。

[2020.02.05]

1月下旬からメディアで小雪の報道が多くなりましたね。

地元紙では、農業や利雪施設の小雪の影響を報じています。

春先に水不足の心配がありますので、農業普及センター、NOSAI、市農林課と連携し、積雪の具合を見ながら対応策をとりたいと考えています。


JA十日町では、次期3カ年計画(令和2年度から4年度)の中に園芸振興計画を盛り込みました。

これは、県園芸振興基本戦略及び県中央会・全農にいがた園芸振興方針に呼応し、稲作所得の伸び悩みから園芸を取り入れた複合営農を支援するものです。


6月の通常総代会で承認されなければならないのですが、JA十日町では剰余金の内目的別積立として営農事業推進積立金があります。

これを3カ年で1億ほど取り崩し、基金として園芸用ハウス、収穫・出荷用機械、管理機、排水対策費用を助成するものです。

詳しくは営農座談会や園芸品目部会等で説明しますし、直接の問い合わせもお答えしますので、是非とも興味のある方はお知らせください。

この重点品目は「カボチャ」「長ネギ」ですが、その他に「アスパラ」「トマト」「ニンジン」「ナス」を合わせ6品目を推進しています。


高齢できつい作業は無理と言われる方や、空き時間に何かしたいという方に「アスパラ」をお薦めします。

豪雪地帯で雪解け後に収穫できるものは、雪の無いところのものより「柔らか」「えぐみが少ない」「甘みが強い」等、大変高い評価を得ています。


米の品質低下対策は、3月11日午後1時30分より段十郎で生産者大会が行われます。

営農座談会では聴けない講演もありますので、興味のある方は営農センターまたは本店営農部までご連絡ください。


話は変わりますが、2月と言えば確定申告が始まりますね。

白色・青色にかかわらず、伝票類の整理はお済みですか? 記帳と決算はどうでしょうか。

私は30年くらい前からPCで農業簿記を使用してきました。

また、6年ほど前からe-Taxで申告しています。


決算と言えば、単に前年の経営評価だと思っている方、残念。

決算内容は数字評価ですね。


是非とも、本年度計画に改善目標を立て、「儲かる農業」を計画しましょう。

  • ATM案内
  • 高齢者支援
  • レシピ集
  • ローン相談会
  • 今月の農業人
  • ポイントを貯めよう
ページ上部へ