病害虫名
農薬名
倍率
使用期間
(収穫何日前まで)
注意事項
使用回数

茎枯病ダニコール1000
500
収穫
終了後
 
トップジンM水和剤
500
ペフラン液剤25
1,000
ジュウシホシクビナガムシDDVP乳剤
1,000
1
 
アディオン乳剤
2,000
1
 4回
エルサン乳剤
1,000
3
 2回
茎葉枯病
黒斑病
ポリオキシンAL水和剤
500
30
 5回
コサイドボルドー
1,000
-
クレフノン加用
ロブラール水和剤
1,000
14
 4回
軟腐病コサイドボルドー
1,000
-
クレフノン加用
キアゲハ
ヨトウムシ
ディプテレックス乳剤
600
14
 3回
DDVP乳剤
1,000
3
 
センチュウネマトリン粒剤
2030s
作付前
全面土壌混和
萎黄病クロールピクリン
2025g
作付前
ガス抜きを十分行う
軟腐病デランK
500
30
 3回
Zボルドー
500
-
 
亀裂褐変症バシダック水和剤
1,000
21
は種10日後かん注
キスジノミハムシダイストン粒剤
34s
は種時
 
アブラムシDDVP乳剤
1,000
14

 6回

ディプテレックス乳剤
1,000
14
 6回
コナガアファーム乳剤
2,000
7
 3回
トアロー水溶剤CT
1,000
7
 (BT剤)4回
ヨトウムシオルトラン水溶剤
1,500
14
 2回
センチュウ類D-D油剤
2030g
作付前
ガス抜きを十分行う
黒根腐病クロールピクリン
2025g
作付前
ガス抜きを十分行う
フタスジヒメハムシトレボン乳剤
1,000
21
着莢期までに使用
カメムシ類アグロスリン乳剤
2,000
7
莢肥大期以降に
タネバエカルホス粉剤
46s
は種時
作条土壌混和
疫病クリーンヒッター
1,000
7
 3回 
ジマンダイセン水和剤
500
14
 7回
アブラムシベストガード水和剤
2,000
14
 4回
テントウムシダマシディプテレックス乳剤
1,000
14
 6回 
エルサン乳剤
1,000
14
 3回
菌核病トップジンM水和剤
1,000
-
 
スミレックス水和剤
500
-
 
炭そ病ビスダイセン水和剤
600
-
 
タネバエダイアジノン粉剤
46s
定植前
 土壌混和
カルホス粉剤
46s
定植前
ハダニ類ダイアジノン乳剤40
1,500
7
 2回
苗立枯病ベンレートT水和剤
0.5%
は種前
種子粉衣
アワノメイガパダン粒剤
6s
7
雄穂注出期前後に
ダイアジノン粒剤5
5s
21
雄穂、葉腋部に散布
アブラムシ類エルサン乳剤
1,000
14
 
アリルメート乳剤
1,000
7
 
とおな根こぶ病ネビジン粉剤
2030s
定植前
全面土壌混和

 前のページへ